Powrful Trains in U.S.A.
 アメリカ西部地域には多数の峠があり大陸を横断する貨物列車にとっては過酷な峠越え
が待ち受けています。パワフルトレインズ2では多数の峠越えの中から5つの峠越えを選んで
紹介します。多重連の機関車に牽引されてる長大貨物列車の醍醐味が堪能できます。
発売元
ビコム(株)
企画・撮影・編集
正古信夫(いずみ企画)
ジャケット写真
正古信夫(いずみ企画)
税別本体価格:3,500円
収録時間:本編60分 映像特典10分
音声:1日本語ナレーションBGM入 2現地音のみ
16:9ワイド映像 NTSC  COLOR  MPEG2
発売日:2006年6月21日
撮影:2005年10月


収 録 内 容
第1部
Cajon Pass
(カホン パス)
ロサンゼルス地域を発着するBNSFの長大編成貨物列車が
通過するカホン・パス。点在する岩山の間を縫うように左右に
蛇行して進む貨物列車。貨物鉄道各社に所属する機関車の
プール運用が盛んになったため、様々な機関車が、多様な
形式の貨車を牽引して、急勾配を上り下りしています。
第2部
Beaumont Hill
(ボーマント・ヒル)
ロサンゼルス地域を発着するUPの長大編成貨物列車の多く
が、ここを通過します。海上輸送コンテナを2段積にしたダブ
ルスタックトレインの交換シーンや、複線区間を同方向に走る
シーンは圧巻。他にも、ロングレール輸送列車などを収録。
第3部
Crawford Hill
(クロフォード・ヒル)
パウダー・リバー・ベイシンを発車して、合衆国東部の地域
を目指すBNSFの総重量1万トンを超える石炭輸送列車の
多くがここを越えて行きます。機関車は前重連+後補機。
そしてさらにこの区間にだけ連結される後部補機3両の間
には、なんと燃料補給専用のフューエルテンダー(タンク車)
が連結されています。峠のサミットでは、さらに驚きの走行
解放も・・・。
第4部
Sherman Hill
(シャーマン・ヒル)
大陸横断鉄道の最高地点をはさんで峠越えに挑むのは、
UPの貨物列車です。峠とは言え、なだらかな丘を越えてい
く様子ですが、ディーゼルエンジンの轟音とともに通過する
重量貨物列車の苦闘が、日夜繰り返されています。
第5部
Tehachapi Pass
(テハチャピ・パス)
世界で最も有名なループ線を有するテハチャピ・パス。
この区間を所有するのはUPにもかかわらず、通過する列車
の本数はBNSFの方が多く、中には前重連+中3重連+後部
補機という強者貨物列車も通過していきます。
途中のテハチャピ・ループにおける俯瞰映像では、まさに大蛇
の如く、長編成の貨車がとぐろを巻きます。日本の鉄道からは
想像できないシーンは必見です。